ゆったり ほわっと

なにげない毎日を 綴ってます 

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

サンタさんへ 

子供たちが小さいころ 

「サンタさんがあの子の欲しいものは何かなぁって空から見てるから

 欲しいものを書いて 窓に 貼っておくと いいよ

 サンタさんが読めるように 外に向かって貼るんだよ」

   って 言いきかせて 貼らせていた


サンタさんだって 
たくさんの子供たちにプレゼントを配らなきゃならないんだから
ひとり高価なものをお願いしちゃダメなんだよってことも
たくさんお願いしないで ひとつだけお願いするんだよってことも
しっかり言っておいた



サンタさんは 
子供たちのお願いカードを しっかり読んでくれて
ほぼリクエストどおりのものを 贈ってくれた

たまに 希望とは違うことがあっても
それはそれで 喜んでいた
サンタさんが選んでくれたんだからね

サンタさんは 信じてる間はプレゼントをくれたけど
信じなくなったらプレゼントを持ってきてくれないようになった

それで だれかが クリスマスプレゼントって
信じてない人には くれるようになったんだね



私は 信じてる


サンタさん 私 
倉吉のマリコシュガーさんと 
ル・シエルさんの新しいお店に行ってみたいの

サンタさん 私 
デジタルのキッチンスケールと 温度計が欲しいの
それも 変なのじゃダメ
使うたびに 嬉しくなっちゃうような素敵なのがいいの

えっ 願いが ひとつだけじゃないって

しかたない だんなに頼んでみるか

スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://guchikikiya.blog7.fc2.com/tb.php/1288-98075fac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)