ゆったり ほわっと

なにげない毎日を 綴ってます 

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

きのうのこと 

昨日は 地区の公民館でそば打ち講習だった

そばうち 真四角


そば 各班の


そばと炊き込みご飯


講師は 私のすんでる集落の大先輩
10年ほど前にも1度教えていただいたけど すでに忘れてた

完成したおそばは 美味しくて美味しくて ほんとおいしくて

また 機会があったら参加したいな




そして 昨日は ひと月に1度の 土曜日休みだったので
作りたかった物にとりかかった


それは おんぶひも
次男は婿殿なので 私が孫をおもりする事はないんだけど
つい先日 お嫁ちゃんが美容院に行ってる間に 息子が見ていて
孫が大泣きしてる姿を見て 思いついた

私がだっこし いったん泣き止んだのに 私の顔を見上げて
母親じゃない事を確認し 泣き出した

そうだこんなとき おんぶひもがあったら いいのにと
自分専用のおんぶひもを作る事に

昔の形を思い出しながら ネットでも検索し この形に




おんぶひも


赤の綿テープの所は 本当は Dカンをつかう  
でも大きなDカンがなかったので
たまにおんぶするんだったら 大丈夫だろうと 綿テープに

手抜きをして失敗した点がある
それは 肩からのひもの事 これは 2メートル弱あるんだけど

新品なのにサイズが小さすぎ 長い事押し入れで眠ってた
10年選手のくるむタイプのシーツをざざっと切って
それを芯にして 水玉の布でくるんだんだけど
しつけをせず 待ち針だけで 2メートルもの直線をぬってる間に
まぁ 布がずれてきて 少しずつ少しずつの調整をしながら縫ったので
なんとも 出来上がりがお粗末

人に見せる訳じゃないから いいんだけど 
代用品でするときはきちんと作る為の細かな努力が必要なのに
手を抜きすぎてしまった

巾7センチくらいで 2メートル弱のひもを 安く見つけるのが
上手に作る為の1番の早道だなぁ

あっ このおんぶひも作りには 夫の出番もあったんだよ

私が 背中にまくらをしょって このおんぶひもをつけ
夫に ひもの位置を 見てもらったの

背負ったときに あまりひもの厚みが出過ぎて
ぼこぼこしたら 背負われていい気分じゃないだろうからと
ちょっと 縫い方は工夫したよ

あぁ 早く これを使ってみたいな

スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://guchikikiya.blog7.fc2.com/tb.php/1475-40088f52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)