ゆったり ほわっと

なにげない毎日を 綴ってます 

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

群ようこさん 衣もろもろを読みながら思うこと 

ここのところのマイブームは 群ようこさんの本を読むこと

彼女の作品に出会ったのはほんの2週間ほど前 市立図書館で
手に取ったのは 【財布のつぶやき】 というエッセイだった

群ようこさんは 1954年生まれと ほぼ同世代
最初の 【財布のつぶやき 】 を うんうんと読み

次は 【れんげ荘】 というお話し
蓄えた貯金をひと月10万円ずつと取り崩し生活していくというもの
これがまたおもしろく一気に読み終えた

今読み始めてるのは 【衣もろもろ】
読んでたら次々に自分の 衣もろもろのことが浮かんでくるので
読み進めながら こうして ブログをアップしてる次第

小学生の頃までは 群ようこさんと同じく 母が作ってくれた洋服が多かった
中学 高校のころは 制服とジャージさえあれば 他に何もいらなかった

信金に就職し 夫とのデートに何を着ようかと悩むぐらいで
普段の通勤は 信金ユニフォームだったりしたからね

自分の身に着ける洋服が すごく気になるようになったのは
ここ10年くらい前からだろうか
学生時代は骨皮筋子と呼ばれてたくらいやせっぽっちの私が
平成17、18、19年の頃は人生最大に肥っていたので
洋服を買おうと出かけて行き試着してみても
着る洋服着る洋服どれもこれも似合わなかった
少しでもやせて見える洋服はないだろうかと探し始めたのがこのころ
はじましてにも書いてるように 平成19年3月1日に病院に行き
半年かけて6キロほど落としたとき
気に入って試着してみた洋服は どれもが良く似合っていた

そうかぁ 痩せていたら 似合う洋服が増えるってことなんだと納得

娘が結婚し 義父が亡くなり 次男と長男が結婚し
7人で賑やかに生活していた家が 現在は大人3人で静かに暮らしてる
夫も義母も ほんのちょっと食べればそれで良しなので
毎日の夕飯のおかずも もらい物の美味しいおまんじゅうや焼き菓子も
おのずと 私が頂くことになり ここ2年で さらに体重は増加の一途となり
人生最大に肥っていたころに近づきつつあり
また洋服が似合わなくなってきている

いけないいけないこれではいけないと 
痩せる努力を真剣に始めて3日目の今現在の私だ

今日会社に着てきた洋服は 
紺と白の糸で編まれたブイネックのサマーセーター
黒と白の格子柄みたいなスカートは最大に肥ってた時買ったものを
現在のウエストに縮めたもの

『その組み合わせよく似合ってますね』と Kさん

夏の初めに買ったこのサマーセーターはシンプルさにひかれて購入

さて 群ようこさんの【衣もろもろ】 現在40ページ 
大きめの靴を買ったら歩くたびに
「ブイッ ブイッ」って おならみたいな音がするってところまで
おかしくて仕事しながらは読めないよ


読みながら書きたくなったことはほとんど書いたので
今日はここまで

おまけ

ちょっと前にね 
桐島洋子さんの 【聡明な女は料理がうまい】って本を借りたの
賢く料理を作れるようになるかなって思ってね

でも 聡明には程遠い私は この本を 読み切ることさえできませんでした

はははのはぁ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://guchikikiya.blog7.fc2.com/tb.php/1566-a168fc41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)