ゆったり ほわっと

なにげない毎日を 綴ってます 

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

歴史に興味がわくとき 

学生時代 歴史に何の魅力も覚えず興味もなく
年号を覚えることも大嫌いで
いいくにつくろう鎌倉幕府 の1192年くらいしか
すぐに言えるものはない

韓国ドラマを見ていても
チャングムだったり イサンだったり トンイだったり
ひと昔もふた昔も前のお話しで いったいいつの時代だろうと調べても
それで終わってしまっていた

つい先日最終回を迎えた奇皇后では 元や明が出てきた
ミンとかシンとか世界史で聞いたぞ
テロップで1368年と出て いったいそれって いつくらいなの?
答えは 室町時代ころなんだけど
で 室町時代っておおまかにいったらどんな時代?となる

そんな歴史とかかわりを持ってこなかった私だが
過去にも歴史に興味がわいたときがある

宮崎あおいちゃん主演だった 篤姫
綾瀬はるかちゃん主演だった 八重の桜

ドラマを見ているときは わかったような顔をしているのに
ドラマが終わると忘れてしまう
八重の桜のときに 『マンガでわかる日本史』という本を購入
1/10くらいマンガが入っているので
私にでも理解しやすく書いてくれてあるだろうと思っての購入

当時は蛍光ペンでラインを引いたり
理解しようと努めていた

その本も会社のデスク脇に積み重ねてあり
暇なときに たまぁに開くだけだったけど
またもや 真剣に開くときがやってきた

それが オダギリジョー君主演の高橋是清
83歳の生涯を 22日と29日の2時間での放映なので
自然 駆け足となる

んっ んんっ?
本を開いて高橋是清について書いてある所を探す
その箇所を読んでいるだけでも ?は出てくるので 
それをスマホで検索し
わかった事は余白に書き込んで行く

226事件って  聞いた覚えはあるけど
しっかり把握は出来ていなかった
それが オダギリジョーくん演じる高橋是清が
その時暗殺されたとなると その背景を知りたくなる

プロヂューサーさんは 高橋是清さんの
柔らかであたたかな優しいまなざしに思い当たった俳優さんが
オダギリジョー君だったんだって
うんうん  そうそう わかるよ

こんな時でもないと歴史を知ろうと思わない私
高橋是清の本も図書館で予約したし
ビデオも録ってある
ありがたい事にこのビデオはきっと何回見てもあきないだろうから
まず彼の顔 しぐさ 素敵さに堪能した後で
ドラマの背景を見てみよう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://guchikikiya.blog7.fc2.com/tb.php/1710-2b67ffb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)