ゆったり ほわっと

なにげない毎日を 綴ってます 

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

読み聞かせ をしてもらう 

日曜日 鳥取市立図書館で
読み聞かせステップアップ講座 があった
副題は  物語の紡ぎ手 エリナー・ファージョンの世界


友達からお誘いメールをもらい
二つ返事で参加すると言ったものの
エリナー・ファージョンと言う名前には聞き覚えが無かった

読み聞かせというと 絵本と言うイメージだったけど
今回のは 絵本と言うより 童話

おはなしブリュッケン代表の 宇田祥子(うださちこ)さんが 講師だった

絵本を手にしたことも もちろん無かったので
借りて読んでみないとなぁと 思いながらの参加だった

今回 宇田さんが  暗唱されていて語って下さった
(ストリーテーリングってことね)

エリナー・ファージョンの 
《エルシーピドック ゆめでなわとびをする》と言う題名で50分かかるという  
眠たくなったら 眠ってくださっていいですからねと言う前置きで
たんたんと穏やかな口調でお話は始まった


地域文庫にスタッフとして参加していたときは
子供たちに読み聞かせする 別のスタッフ仲間の
絵本を持っての読み聞かせは 何度も聞かせてもらったけど
今回のように  まるっきりすっぽりの 聞き手になったのは久しくなかった

なんか すごくいいね
すごくよかった

子供たちに読み聞かせをしたり 勝手なお話を作って
寝る前に聞かせていたのははるか20年以上も昔のこと

今 孫がたまに遊びに来たとき 読み聞かせをする時間も出てきたので
こんなお話だったら 孫は聞けるかなと 思いながら 少しずつ読んでいるところ

今回参加させてもらって思ったのは
その絵本や童話を 読み手本人である自分が
とっても好きだってのが1番だなってこと
好きだからこそ 淡々とした口調にも思いがのり伝わっていく

わたしも 自分が好きだなぁと言うお話を 気持ちをこめて
よんでいこうと 改めて思った講演会でした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://guchikikiya.blog7.fc2.com/tb.php/1748-d9291dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)