ゆったり ほわっと

なにげない毎日を 綴ってます 

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

葉っぱ物の宝庫 

夕方 だんなが 『ちょっと葉わさび採りに行ってくる』と 出かけた

hawasabi-fuki-kusa.jpg



左から 葉わさび 蕗 草 でーーーす
わかった?

葉わさびの醤油漬け 辛くならないって方が多いので
我が家のばっちゃんの作り方を 載せます

それでは 料理教室の始まり 始まり
(ちょっと 止まって~ と 
  作業を中断してもらいながらの撮影で
         ぶれぶれだけど ごめんね)
hawasabi-1.jpg


葉わさびを 水洗いし 水につけておき
7~8本手に取り ねじるように ちぎって行く

hawasabi-2.jpg


3~4センチくらいの長さに ちぎって行く

hawasabi-3.jpg


熱湯を お玉で 3杯くらいすくいかけては 揉む

hawasabi-4-momu.jpg


これを 3~4回 繰り返す 
このとき ボールの底に お湯がたまらないように 捨てながら

ざるに 広げて さます


hawasabi-7-shiru.jpg


ボールに 醤油 味の素を入れる

hawasabi-5-syouyu.jpg


我が家の醤油は これ
ばっちゃんと じっちゃんが これ以外は 使わない
      (私は いろいろ使うけど)

hawasabi-6.jpg


水気を ちゃっ ちゃっ と 切ってから  ボールに入れる

味を見ながら 醤油を足す

hawasabi-8.jpg


葉っぱだけでなく 汁もしっかり入れて
しっかり まぜて 

hawasabi-9-kansei.jpg


はい 出来上がり
明日の朝には 食べれます

どんな風に作っても辛くないって方へ
葉わさびの醤油漬けを作れる手じゃないってことで
他の人に作ってもらいましょう
手の質もあるみたいなの
『おめーみたいな手じゃー 作れめーで
   わしみたいに 皮が厚くないと』
と ばっちゃんが 言ってます
はい お言葉に甘えて 作りません
スポンサーサイト
未分類  :  trackback 0   :  comment 4   

コメント

わしの手も・・・

今度葉わさびが手に入ったら
ばっちゃんのやり方でやってみます。
でも私の手は頼りないうすっぺらな手ですので、上手く行かないかも・・・
それとも一つ、葉わさび調理するのは
性の辛い人が良いと、こちらでは言います。
ばっちゃんはどうかな・・・?
わたしは・・・?

KENKO #- | URL | 2007.04.18 11:19  edit

写真、全然ブレを感じないですよ。

「葉わさび」はこの辺では見ないので、とても楽しく拝見しました。
3本の葉、私は見分けがつかないかもしれないです。
手の質によっても辛さが変わってくるのですね。
不思議不思議。

myiさんって以前写真で拝見しましたが、お肌がきれいでしたよね。
そんな柔らかいきれいな手で、葉っぱをちぎるなんて、お願いやめて。
手が傷むじゃないの。
と私も思います。

ばっちゃんの手も、とても素敵な手です。
いろんなものをこしらえてこられた手ですね。
田舎のおばあちゃんの手を思い出しました。
おばあちゃんの作ってくれた、「よもぎだんご」おいしかったなぁ。
。.:♪*:・\\\'(*⌒―⌒*)))

ままたまご #- | URL | 2007.04.18 11:27  edit

葉わさびの醤油漬け、食欲が湧きそう!
この辺りでも探せば葉わさびあるのかも
しれません。
が、私も葉わさびと蕗草の違いが
よくわかりましぇ~ん!
 うぇ~ん!
いつか見つけたら鑑定のほど
宜しくお願いいたします。

ころん #- | URL | 2007.04.18 11:55  edit

( ̄m ̄〃)ぷぷっ! KENKOさん
それ こっちでも言います。
そりゃあもう しっかりした方ですから。
でも すごく熱いって言ってたよ。
ファイトーーー。

ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪
ままたまごさん  ありがとう
そうなの 白魚のような やわはだだからねー
箸より重い物持った事ないもの。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

懐かしい味のおばあちゃんのよもぎだんご
食べてみたいな。
私も 母が作ってくれた柏餅が 食べたいな。
いつだか言ったら 『自分でつくりゃぁええじゃぁ』

ヾ(´▽`*)ゝあーい♪
ころんさん 承知しました
ただし ぜんまいとシダがよくわからないけどいい?
たらの芽と なんかの芽とわからないけどいい?
しそと草の違いはわかるようになったよ。
でも まだ 山菜の料理の仕方って 本は必需品。
灰汁とりの方法も いろいろ違っていて
覚えきれないの。

myi #- | URL | 2007.04.18 20:09  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://guchikikiya.blog7.fc2.com/tb.php/361-3a13ecf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)