ゆったり ほわっと

なにげない毎日を 綴ってます 

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

次男のアルバイト 

去年は 私の実家のある御前崎の
なぶら館の日光水産(水産物販売のお店)で バイトさせてもらった

今年は どうするかと聞くと
学校に 新しい就職先がきてるかもしれないから
たびたび行かなきゃならないし 御前崎には行かないと言う
でもお金は欲しい でも 普通のバイトでは
歯医者と学校行きの時間を 作るのが大変

それで 考え出したのは おじいさんの手伝い
農家なのでしなきゃならないことはいっぱいある
今朝の会話
『今日は じるーーて 出来んなー』
「えー (バイト)できんだかー」
【草刈りすりゃーいいじゃん】
「まだお父さんに教えてもらってないしなー」
『おじいさんが 教えてやる』
「じゃー そうしようか」

おじいさんも手伝いがいると 気が楽だし
次男の様子をみながら 休もうとしてくれるので
本人一人でするより休憩が 取れていい

次男は お金をもらえるし 
おじいさんの手伝いが出来て嬉しいのでいい

私とだんなは 何も手伝えないので
次男が手伝ってくれ 
少しでも おじいさんの負担を軽く出来るのでいい

みんなの利害関係が 一致してるので
とってもありがたいアルバイトになる。

もちろん バイト代は 私たちが払うのだが
だんなは どんな仕事をしたか 日報を出すよう指示
その日の仕事内容を見て 金額を決めることになった
いい社会勉強にもなるだろう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://guchikikiya.blog7.fc2.com/tb.php/56-64ce7b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)