ゆったり ほわっと

なにげない毎日を 綴ってます 

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

親子で読んで! 

教育・心理カウンセラーで
子ども家庭教育フォーラム代表 【富田富士也さん】ご存知でしょうか

富田さんが御前崎出身で 同じ中不学校に通っていたこともあり
一度 鳥取に講演にこられた際に お話しを聴かせていただきました

その頃から 『還る家通信』 という通信を 送っていただいています
今回届いた 『還る家通信』に
【親子で読んで!はじめの一歩】という本が同封されていました



近頃 悲しいニュース報道をよく耳にします
子どもが起こした事件 親が起こす事件
痛ましい事件を耳にするたびに

こころのうちを 
誰かが聴いてあげれていたら
誰かに聴いてもらえていたら
誰かに話して胸のうちを解かってもらえていたら
ここまでの犯行には 至ってなかったんじゃないだろうかと
思うことがあります

事件を起こさないまでも
悩みぬいて 精神的に追い詰められてる人もたくさんおられることでしょう

わたしは それを解決するための とっかかりの第1歩として
この 【はじめの一歩】を 読んでみるべきだなぁって
つくづく思いました

とりあえず ご自分で 読んでみて
良かったら 周りの方に 伝えて言って欲しいなって思います

つらい悲しい毎日を送っている人のこころに
少しでもあかるい光りが灯ったら と せつに 思います

発行  十月舎  発売 星雲社  定価500円+消費税

入学・卒業とかで 全員に配布されたりとか
プレゼントにとかで たくさん ご活用の場合

価格は
50冊以上だったら 2割引
20冊以上だったら 1割引

送料は
50冊以上は 無料
50冊未満は 実費  だそうです

1冊からだったら アマゾンとかでも 扱われてますので
他の本と一緒に1500円以上のお買い物で注文されたら 
送料無料で 届くと思います


お近くの図書館に頼まれてもいいかと思います
ぜひ お手にとってごらん下さいね
そうして 読んでみてくださいね


あっ 私 斡旋手数料 もらってるわけじゃありませんよ
富田さんから届く『還る家通信』を ずっと 読ませてもらっていて
近くで講演とか 勉強会みたいなのがあったら
参加させてもらいたいなぁって 常々思ってるので
紹介させてもらいました



【親子で読んで! はじめの一歩】最初のページ 
1 還る家に気づこうね*---------  
                       より  



新しき節目を迎えた
あなたにお尋ねします     
      

人はめぐり合わせ 組み合わせで 
にっちもさっちもいかないときがあります
惨めで 悲しくて 悔しくて 孤独で
八方塞がりの気持ちです
場合によっては自分を消したくなるような感覚に
襲われてしまうこともあると思います


そんなときに
安心して その弱さいっぱいの胸のうちを
強がらずに語ることのできる
“還る家”が あなたにありますか


建物や 家そのものではありません
ハウスではなく 心のホームです
毎日 出掛けては帰ってくる家ではありません
       

あなたは「いつも友だちでいようね」と言っている
あの人の“還る家”になっていますか


私たちは“帰る家”があるから
旅行にも 学校にも行けます
勧めるわけではありませんが
家出も“帰る家”があるからできるのです
“帰る家” のあることを当たり前にして
軽く見ないことです    


でもね その“帰る家”だけでは
心が疲れたときに 元気を取り戻すことがむずかしいものです
そこで もうひとつの心の支えになる“家”
それが“還る家”です


ズッコケたときに弱音が言えて
再び人を信じる心に辿りつける“還る家”を
身近な人たちと築き合いませんか
気づいた今日から “はじめの一歩”です
スポンサーサイト

コメント

思春期の難しい年頃の息子を持ってる私には
読まなければいけない本のような気がします。
息子や夫にとって私自身が「還る家」でなければいけないんですね。
幸い、私には夫という「還る家」があります。
こんな至らない私を、大きな心と愛情で包んでくれている優しい人です。

まだ、成長途中の息子には私や夫が「還る家」となって温かく育んでいきたいと思ってます。

息子が、将来愛する人にめぐり合って、その女性が息子の「還る家」になるまでは私たちの務めですものね。

素敵な本の紹介、ありがとう。
申し込んでみますね

anasthasia #zO/HRubw | URL | 2008.11.14 21:47  edit

anasthasiaさんへ

息子が、将来愛する人にめぐり合って、その女性が息子の「還る家」になるまでは私たちの務めですものね。

ほんとにそうですね

anasthasia さんにとって だんなさまは
『還る家になってくれてるな』って実感されてるってところがいいですね

毎日の生活の繰り返しで ついう生活に終われ忘れがちだけど
根底に流れてるお互いを大切に思う気持ちがあれば幸せなんだなって 思います

ぜひ 読んでみてくださいね

myi #- | URL | 2008.11.17 15:31  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://guchikikiya.blog7.fc2.com/tb.php/669-5b1840fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)